消費者金融を利用したいんだけど利息が心配…このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

利息があるということは返済に元金よりも大きいお金が必要ということですが、借りた分のお金しか返したくないですよね。

そんなときにオススメするのが消費者金融です。

消費者金融には無利息期間という便利なサービスがあります。一緒に確認していきましょう。

TSUCH160130150I9A6583_TP_V

消費者金融の無利息期間の基礎知識

無利息期間とはその名の通り、利息がつかない期間のことです。つまり無利息期間内に完済すれば元金の返済のみで済みます。

貸金業者は利息で儲けているのに、それを取っ払ってしまうなんてすごいサービスですよね。消費者金融は新規顧客開拓のために無利息期間を設けているのです。

消費者金融ごとの無利息期間の特徴

どんな人でも無利息期間が使えるわけではありません。消費者金融ごとに無利息期間の利用条件や長さ、限度額が異なります。下の表で確認してみましょう。

無利息期間利用条件 無利息期間の長さ 限度額
アイフル 初めての利用
+無担保キャッシングローン
初回契約日の翌日から
30日間
500万円
アコム 初めての利用
+無担保カードローン
+返済期日35日ごと
初回契約日の翌日から
30日間
800万円
プロミス 初めての利用
+メールアドレス登録
+Web明細利用登録
初回借入日の翌日から
30日間
500万
ノーローン  初めての利用
orノーローンでの完済実績
借入日の翌日から
7日間
300万
モビット ×(無利息期間無し)
ダイレクトワン ×(無利息期間無し)
ライフティ ×(無利息期間無し)

無利息期間の長さに注目してください。契約日と借入日という2種類の表記があり、それぞれ無利息期間が発生する瞬間が異なります

契約日はお金を借りた日ではありません。つまり契約してから30日間その消費者金融からお金を借りなかった場合、金利無しの恩恵を受けることなく無利息期間が終わってしまうのです。

また表を見てわかる通り、ノーローンの利用条件は少し変わっています。

本来無利息期間は消費者金融を始めて利用する人だけが使えるサービスですが、ノーローンは条件を満たせば何度でも無利息期間を使えます。

ノーローンを始めて使う人はもちろん無利息期間が設けられ、更にそれを完済した場合、翌月にまた無利息期間を使える権利が発生するのです。

無利息期間のデメリット

金利が無いのはメリットですが、デメリットもいくつかあります。

①無利息期間を過ぎてしまうと利息が発生する

当然のことながら無利息期間を越えてしまった場合、残高に超過日数分の利息が発生します。

例えばプロミス(無利息期間が初回借入日から30日)から10万円を借りたとしましょう。

そして5万円を20日後に、残りの5万円を更にその20日後に返した場合、金利はどこにいつから発生するのでしょうか。

この場合、金利は10-5=5万円に、20+20-30=10日間だけ発生することになります。

②お金を借りることに対する抵抗感が薄れる

無利息ということに慣れてしまい、お金を借りることのハードルが下がる恐れがあります。

ついついお金を借りすぎてしまい多重債務者にならないように気をつけましょう。

基本的に金利無しにお金を借りることはできません。そのことを心にとめておきましょう。

MAX98_yattazeyossya20140531_TP_V

せっかく無利息期間があるのだから有効活用すべき

無利息期間は条件を満たしたときだけ使える便利なサービスです。

ここぞというときに使うのは大いに結構ですが、借金であることに変わりありません。

無利息期間内に完済できる場合のみ利用するようにしましょう。