消費者金融で融資を受けるならば金利をつけて返さなければいけません。

返済方法によっては金利に加え手数料もかかってしまいます。返済が長期に渡ることで、数百円という手数料が合計数万円にも膨らんでしまう可能性があるのです。

しかし中には手数料無料の返済方法もあります。手数料無料の返済方法とは何なのか、何が1番良いのかを一緒に勉強していきましょう。

PAK83_tableniokareta108encyouhizei20140304_TP_V

消費者金融の返済方法の基礎知識

消費者金融の返済方法は会社によって異なります。

大手消費者金融4社の内、どの返済方法が手数料無料なのかを下の表にまとめてみました。

アイフル アコム プロミス モビット
インターネット  ‐
店頭窓口  ‐
提携ATM
自社ATM  ‐
銀行振込
口座振替
マルチメディア端末  ‐

✕…手数料がかかる、〇…手数料なし、‐…その返済方法に対応していない

※手数料は金額が1万円以下ならば108円、1万円超ならば216円かかる

この中で対応している会社ならば全て手数料が無料になるのは、インターネット・店頭窓口・自社ATM・口座振替の4つです。

この4つの内どの返済方法が1番良いのでしょうか。

手数料無料の返済方法で1番オススメなのは口座振替

手数料無料の返済方法の中でも1番オススメなのが口座振替です。

  • あらかじめ登録していた口座から自動的にお金が返済されるので、返済を忘れる心配がない
  • 大手消費者金融4社の内全てが対応している

これが主な理由です。詳しく見ていきましょう。

①返済は自動引き落としなので返済忘れの心配がない

返済というと実際に店頭に出向いて、その手続きをしなければいけないイメージがあるかと思います。もちろん店頭窓口での返済という方法もあるのですが、インターネットで手続きを済ませることもできます。

いずれにせよ、自分で返済の行動を起こさなければいけないのです。

口座振替ならばその作業は必要ありません。なぜなら、あらかじめ登録していた口座から自動的にお金が引き落とされるからです。

なので返済を忘れることがありません。これは他の返済方法にはない、口座振替だけのメリットです。

②大手消費者金融4社の内全てが対応している

アイフル・アコム・プロミス・モビットの大手消費者金融4社が口座振替での返済に対応しています。

これから消費者金融を利用しようと思っている人は、返済方法についてはそれぞれ比較する必要がありません。

各会社の金利や融資限度額などを比べ、自分に合った会社を選びましょう。

 口座振替を利用する際の注意点

さて、非常に便利な口座振り込みですが注意するべきポイントが3つあります。

  • 残高不足にならないようにする
  • 繰上げ返済ができない
  • 契約後1~2ヵ月は口座振替が適用されない

どれも見逃せません。確認していきましょう。

①残高不足にならないように

もしも返済期日に返済に必要な金額が口座に残っていなかった場合、遅延賠償金が発生します。

延滞損害金とは遅延利息のことです。つまり返済期限までにお金を返さなかった場合、延滞中の金利が高くなるのです。このような事態を防ぐために、常に口座にその月の返済金額以上のお金を用意しておきましょう。

また、61日以上または3ヵ月以上の長期遅延になると個人信用情報機関に金融事故として記録されます。

新しくカードローンを申し込むのが難しくなるのはもちろん、限度額が引き下げられたり一括返済を求められる場合があるので注意しましょう。

どうしても支払いができない場合は事前に会社へ説明をしておくことが重要です。説明をするしないに関わらず返済が遅れると遅延賠償金が発生しますが、会社に与える印象がまるで違います。

②繰上げ返済ができない

繰上げ返済とは、毎月の返済額とは別に追加でローンを返済する方法です。

繰上げ返済をすることによって返済期間を短くし、消費者金融に払う利息を少なくすることが出来ます。

口座振替は毎月の返済額が自動的に引き出されるので、臨時収入があった際に追加で返済をすることができません。

その場合はインターネット返済や店頭での返済を併用すると繰上げ返済をすることができます。基本的には自分が決めた返済計画を守り、余裕ができたときは他の返済方法も利用しましょう。

③契約後1~2ヵ月は口座振替が適用されない

消費者金融を利用した場合、審査に通れば融資を受けることができます。

しかしそれとは別に口座振替が適用される期間というものが存在し、初回や2回目の返済は口座振替以外の返済方法をとらなくてはいけません

初めの返済は口座振替にはならないので、返済期日に注意して消費者金融を利用しましょう。

MOK_ichimanensatu2mai_TP_V

返済方法は口座振替を選ぼう

大手消費者金融4社全てが対応している口座振替がオススメです。手数料がかからず返済を忘れることもありません。

口座振替を利用する際は残高不足にならないようにし、繰上げ返済ができないことに注意してください。

また初めの1~2ヵ月は他の返済方法を利用しましょう。