人が生きていく上でお金は必要不可欠なものです。自分の収入に見合った無理のない生活を心がけていても、すぐには払えないような予想外の出費があるかもしれません。

そんなときは金融機関からお金を借りるべきです。お金を借りられる金融機関は消費者金融と銀行系カードローンの2種類があります。

しかし両者とも同じようなことをしているので、いざお金を借りようと思ってもどちらを利用すべきか迷ってしまうのではないでしょうか。

今回は消費者金融と銀行系カードローンの違いについて、しっかりと説明していきたいと思います。

bsPAK63_visamaster20140531 (1)

消費者金融とは何なのか

消費者金融とは個人向けの少額の融資をメインに行う貸金業者です。

消費者金融というと、怖いお兄さんが自宅に催促に来るようなイメージを持っている人もいるかもしれません。決してそんなことはないので安心してください。

消費者金融と銀行系カードローンとの違い

消費者金融と銀行系カードローンの違いは大きく5つ(メリットが3つ、デメリットが2つ)あります。

消費者金融の銀行系カードローンと比べたメリット

まず消費者金融のメリットは3つあります。

  • 消費者金融の方が審査が早い
  • 消費者金融の方が審査が甘い
  • 消費者金融は無利息期間を設けていることが多い

これも1つずつ確認していきましょう。

消費者金融の方が審査が早い

消費者金融の方が審査が早いです。消費者金融と銀行系カードローンでは、誰が審査をするのかが異なっています。

消費者金融の審査はその消費者金融自身が行いますが、銀行系の審査は保証会社が行っているのです。

保証会社
アイフル アイフル
アコム アコム
プロミス プロミス
モビット モビット
三菱東京UFJ銀行カードローン アコム
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス
(プロミスの会社)
みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション

消費者金融の審査の際は余計なクッションを挟む必要がないので、銀行系カードローンよりも審査が早いです。

とにかく早くお金が必要な人は消費者金融を利用しましょう

消費者金融の方が審査が甘い

消費者金融は審査が甘いです。

後ほど触れますが、消費者金融は金利が高いです。金利が高い分審査が甘くなります。

なぜなら金利が高いという事はお金を回収できた時の利益が大きく、多少返済能力が低い高リスクの人にも融資が出来るからです。

「自分の職業や年収に自信が無い…」という人は消費者金融の融資を申し込んでみましょう

消費者金融は無利息期間を設けていることが多い

大体の大手消費者金融は無利息期間が設けられているのに対し、銀行系にはそれがないことが多いです。

無利息期間
アイフル 初回契約日の翌日から30日間
アコム 初回 契約日の翌日から30日間
プロミス  初回借入日の翌日から30日間
モビット なし
三菱東京UFJ銀行カードローン なし
三井住友銀行カードローン なし
みずほ銀行カードローン なし

大手消費者金融は4社中3社が無利息期間を設けていたのに対し、大手銀行系カードローンは無利息期間を設けていませんでした。

確かに消費者金融は金利が高いですが、無利息期間内に返済することで金利を0に出来るのです。

なお無利息期間は初回契約日や初回借入日などの、初回時にしか発生しないことに注意してください。

無利息期間を活用することで、銀行系カードローンよりもお得に融資を受けることができます

消費者金融の銀行系カードローンと比べたデメリット

そして消費者金融のデメリットは2つあります。

  • 消費者金融の方が金利が高い
  • 消費者金融は総量規制の対象内である

1つずつ確認していきましょう。

消費者金融の方が金利が高い

消費者金融の方が金利が高いです。

2016年7月現在、金利は法律で年20%を越えてはいけないと決まっています。

金利
アイフル  4.5%~18.0%
アコム  3.0%~18.0%
プロミス  4.5%~17.8%
モビット  3.0%~18.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.0%

このように、銀行系カードローンの金利が14.5%前後なのに対し、消費者金融の金利は18.0%前後になっています。

消費者金融は銀行系カードローンよりも金利が高いことに注意しましょう

消費者金融は総量規制の対象内である

消費者金融は総量規制の対象内ですが、銀行系カードローンは総量規制の対象外となります。

ここで総量規制とは何かを確認しておきましょう。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

引用:貸金業法について

従う法律が違うため、総量規制の有る無しも違ってきます。

消費者金融は貸金業法という法律に則って融資をしていますが、銀行は銀行法という法律に則って融資をしているのです。

消費者金融でありながら総量規制の対象外になる例外もいくつか存在します。

  • おまとめローン…複数の借金を1つにまとめる
  • 配偶者貸付…配偶者との年収の合計の3 分の1までのお金を借りることが出来る

基本的に消費者金融では年収の3分の1を超えた借入はできないことに注意しましょう。

PASONA_27_TP_V

自分に合った会社を選ぶことが大切

消費者金融と銀行系カードローン、どちらがいいということはありません。

とにかく早くお金を借りたい人、すぐに返済できる自身のある人、自分の返済能力に自信がない人は消費者金融を利用しましょう。

長期的な返済を考えている人、返済にかかるお金をとにかく安くしたい人は銀行系カードローンがオススメです。

また会社によって金利や無利息期間の長さが微妙に違うので、自分に合った会社を選び無理のない返済計画を立てることが重要です。