個人事業主でも法人経営者でも、仕事をするにあたって一番必要なものはなんでしょうか。

僕はお金だと思います。なぜならお金がなかったら人を雇うことも、設備購入も、取引先への支払いも出来ないからです。

いくら計画的に会社を経営していても、どうしても資金が足りなくなる場面が出てくるかもしれません。

少しお金が足りなくなったときは消費者金融系ビジネスローンを使うべきです。その理由を一緒に確認していきましょう。

bsnji_shikkaku

資金を調達する方法は2種類ある

まず、資金を調達する方法は銀行融資とビジネスローンの2種類があり、この2つは真逆の性質を持っています。

銀行融資の特徴

銀行融資の特徴は審査が厳しく金利が低いことです。

また融資を申し込んでから実行に移されるまで1週間~1ヶ月かかります。

ビジネスローンの特徴

ビジネスローンの特徴は審査が甘く金利が高いことです。

また融資を申し込んでから実行に移されるまで即日~1週間かかります。

いくら魅力的な条件の融資でも審査に通らなければ意味がありませんね。なのでより審査に通りやすいビジネスローンについて、もっと勉強していきましょう。

ビジネスローンとは何なのか

ビジネスローンとは中小企業や個人事業者向けの資金調達方法のこと。大手企業や上場企業には融資されず、個人向けのカードローンに比べて融資額が大きいです。

また、ビジネスローンには以下の特徴があります。

  • 総量規制の対象外…年収や他社からの借入を気にせず融資を受けることが出来ます
  • 担保の必要なし…不動産や定期預金を担保に入れる必要がありません
  • 第三者の保証人の必要なし…もしもお金が返せなくても事業者以外の誰かに迷惑がかかることはありません

※銀行は銀行融資と銀行系ビジネスローンの2種類の商品があります

※担保と保証人は原則不要ですが、金額によっては必要になることもあります。

ビジネスローンには2種類ある

ビジネスローンは銀行系と消費者金融系の2つに分かれています。

銀行系は審査が厳しく金利が低いです。消費者金融は審査が甘く金利が高いです。

先ほども申し上げましたが、融資は審査に通らなければ意味がありません。より審査に通りやすい消費者金融系ビジネスローンの特徴を見ていきましょう。

消費者金融系ビジネスローンのメリットとデメリット

まず、消費者金融系のビジネスローンを選ぶメリットは4つあります。

  • 申し込みから融資までが早い
  • 審査が通りやすい
  • ゆとりを持った返済計画が立てられる
  • 事業歴が短くても融資可能な場合がある

順番に確認していきましょう。

申し込みから融資までが早い

消費者金融は銀行系ビジネスローンよりも申し込みから融資まで早いです。

中には即日融資ができる会社もあるので、とにかく早くお金が必要な人は消費者金融系ビジネスローンがオススメです。

審査に通りやすい

消費者金融は銀行よりも審査が通りやすいです。銀行は赤字決済や税金の滞納に厳しいのに対し、消費者金融はそれらに対し様々な側面から判断することで柔軟に対応してくれます。

もしも自分がビジネスローンの審査に通るか不安な人は消費者金融系ビジネスローンに申し込みましょう

ゆとりを持った返済計画が立てられる

消費者金融は銀行と比べ借入期間が長いです。消費者金融の借入期間が7年~10年なのに対し、銀行は5年~7年と若干短くなっています。

消費者金融系ビジネスローンを利用することでゆとりを持った返済計画を立てることが出来ます

事業歴が短くても融資可能な場合がある

消費者金融系ビジネスローンの場合は事業歴が一期(3ヶ月)でも融資を受けられる場合があります。

銀行系ビジネスローンは原則二期以上必要なので、事業を始めたてで資金が更に必要な人は消費者金融系ビジネスローンを利用しましょう

消費者金融系ビジネスローンのデメリット

また、消費者金融のデメリットは2つあります。

  • 金利が高い…どの消費者金融も15.0%~18.0%程の高金利で融資を行っています。
  • 融資限度額が低い…銀行系ビジネスローンの融資限度額の相場が5000万円~1億円なのに対し、消費者金融系ビジネスローンは300万円~500万円となっています。

上記のデメリットに不安を覚える人は銀行融資や銀行系ビジネスローンに申し込みましょう

 

PASONAZ160306340I9A1862_TP_V

手軽に借りたいなら消費者金融系ビジネスローン

審査に通りやすく、なおかつ融資までが早い消費者金融系ビジネスローンは割と少額の緊急を要する融資、つまりつなぎの資金として使うのがオススメです。

金利が高いので短期間のうちに返済することを忘れないでください。