Choose color scheme

About the Author

4 Posts By sekikawa

  • bsPAK83_500encointachi20140305

    【個人事業主】ビジネスローンも消費者金融で!【法人経営者】

    個人事業主でも法人経営者でも、仕事をするにあたって一番必要なものはなんでしょうか。

    僕はお金だと思います。なぜならお金がなかったら人を雇うことも、設備購入も、取引先への支払いも出来ないからです。

    いくら計画的に会社を経営していても、どうしても資金が足りなくなる場面が出てくるかもしれません。

    少しお金が足りなくなったときは消費者金融系ビジネスローンを使うべきです。その理由を一緒に確認していきましょう。

    bsnji_shikkaku

    資金を調達する方法は2種類ある

    まず、資金を調達する方法は銀行融資とビジネスローンの2種類があり、この2つは真逆の性質を持っています。

    銀行融資の特徴

    銀行融資の特徴は審査が厳しく金利が低いことです。

    また融資を申し込んでから実行に移されるまで1週間~1ヶ月かかります。

    ビジネスローンの特徴

    ビジネスローンの特徴は審査が甘く金利が高いことです。

    また融資を申し込んでから実行に移されるまで即日~1週間かかります。

    いくら魅力的な条件の融資でも審査に通らなければ意味がありませんね。なのでより審査に通りやすいビジネスローンについて、もっと勉強していきましょう。

    ビジネスローンとは何なのか

    ビジネスローンとは中小企業や個人事業者向けの資金調達方法のこと。大手企業や上場企業には融資されず、個人向けのカードローンに比べて融資額が大きいです。

    また、ビジネスローンには以下の特徴があります。

    • 総量規制の対象外…年収や他社からの借入を気にせず融資を受けることが出来ます
    • 担保の必要なし…不動産や定期預金を担保に入れる必要がありません
    • 第三者の保証人の必要なし…もしもお金が返せなくても事業者以外の誰かに迷惑がかかることはありません

    ※銀行は銀行融資と銀行系ビジネスローンの2種類の商品があります

    ※担保と保証人は原則不要ですが、金額によっては必要になることもあります。

    ビジネスローンには2種類ある

    ビジネスローンは銀行系と消費者金融系の2つに分かれています。

    銀行系は審査が厳しく金利が低いです。消費者金融は審査が甘く金利が高いです。

    先ほども申し上げましたが、融資は審査に通らなければ意味がありません。より審査に通りやすい消費者金融系ビジネスローンの特徴を見ていきましょう。

    消費者金融系ビジネスローンのメリットとデメリット

    まず、消費者金融系のビジネスローンを選ぶメリットは4つあります。

    • 申し込みから融資までが早い
    • 審査が通りやすい
    • ゆとりを持った返済計画が立てられる
    • 事業歴が短くても融資可能な場合がある

    順番に確認していきましょう。

    申し込みから融資までが早い

    消費者金融は銀行系ビジネスローンよりも申し込みから融資まで早いです。

    中には即日融資ができる会社もあるので、とにかく早くお金が必要な人は消費者金融系ビジネスローンがオススメです。

    審査に通りやすい

    消費者金融は銀行よりも審査が通りやすいです。銀行は赤字決済や税金の滞納に厳しいのに対し、消費者金融はそれらに対し様々な側面から判断することで柔軟に対応してくれます。

    もしも自分がビジネスローンの審査に通るか不安な人は消費者金融系ビジネスローンに申し込みましょう

    ゆとりを持った返済計画が立てられる

    消費者金融は銀行と比べ借入期間が長いです。消費者金融の借入期間が7年~10年なのに対し、銀行は5年~7年と若干短くなっています。

    消費者金融系ビジネスローンを利用することでゆとりを持った返済計画を立てることが出来ます

    事業歴が短くても融資可能な場合がある

    消費者金融系ビジネスローンの場合は事業歴が一期(3ヶ月)でも融資を受けられる場合があります。

    銀行系ビジネスローンは原則二期以上必要なので、事業を始めたてで資金が更に必要な人は消費者金融系ビジネスローンを利用しましょう

    消費者金融系ビジネスローンのデメリット

    また、消費者金融のデメリットは2つあります。

    • 金利が高い…どの消費者金融も15.0%~18.0%程の高金利で融資を行っています。
    • 融資限度額が低い…銀行系ビジネスローンの融資限度額の相場が5000万円~1億円なのに対し、消費者金融系ビジネスローンは300万円~500万円となっています。

    上記のデメリットに不安を覚える人は銀行融資や銀行系ビジネスローンに申し込みましょう

     

    PASONAZ160306340I9A1862_TP_V

    手軽に借りたいなら消費者金融系ビジネスローン

    審査に通りやすく、なおかつ融資までが早い消費者金融系ビジネスローンは割と少額の緊急を要する融資、つまりつなぎの資金として使うのがオススメです。

    金利が高いので短期間のうちに返済することを忘れないでください。

  • max16011508_TP_V

    消費者金融ランキング!金利・審査通過率からNo1を選ぶ

    突然の出費に対してお金を用意できないとき、消費者金融は私たちの強い味方となります。

    ところが、いざ消費者金融を利用しようと思っても数が多すぎて迷ってしまいますよね。どこも同じような広告を出していて、会社ごとの違いがわかりづらいのではないでしょうか。

    一概に「この消費者金融が1番良い!」と決めるのは難しいことですが、今回は金利と審査率という観点から選んだN01消費者金融を紹介したいと思います。

    bsPAK83_500encointachi20140305

    数ある消費者金融の中からNo1を決める際の判断基準

    さて、消費者金融No1とはどんな特徴を持っている消費者金融でしょうか。私は広く人の役に立っている貸金業者だと思います。

    具体的には…

    • 金利が低い…お金に困っている人の負担をできる限り少なくしている
    • 審査通過率が高い…より多くのお金に困っている人を助けている

    上記の2点を高いレベルで満たしているものを消費者金融No1とみなし、話を進めていきます。

    1番金利が低い会社はどこなのか

    1番金利が低い会社はプロミスでした。

    金利は低ければ低い方が良いですよね。返済に必要なお金はできるだけ安く収めたいものです。金利が高いより低い方がよりお得にお金を借りることが出来ます。

    消費者金融の最高金利は貸金業法という法律によって決まっています。

    10万円未満の融資額ならば年20.0%、10万円から100万円未満ならば18.0%、100万円以上ならば15.0%が上限金利となります。

    それを踏まえたうえで、大手消費者金融の金利をまとめた表を見てみましょう。

    金利
    アイフル 4.5~18.0%
    アコム 3.0~18.0%
    プロミス 4.5~17.8%
    モビット 3.0~18.0%

    どの会社も最高金利が18%前後になり、大きな差がついていないことがわかると思います。

    金利に幅があるのは融資金額や債務者の返済実績によって、金利が上下するためです。融資金額が高くなればなるほど、返済実績が続けば続くほど金利は下がっていきます。

    最低金利が1番低いのはアコムとモビット、最高金利が1番低いのはプロミスという結果になりました。最低金利と最高金利どちらを優先すべきかは悩ましいのですか、最高金利が低いプロミスを評価したいと思います。

    なぜなら最低金利で取引をする機会なんてそうそうないからです。

    返済実績のない新規の顧客は最高金利で取引をすることが多く、最低金利で取引をするためには信頼と高額な融資金額(何百万単位)が必要になるからです。

    金利で消費者金融を比べる際は、最高金利に着目しましょう

    金利が0になる無利息期間を利用しよう

    金利は低ければ低いほどいいですが、消費者金融には金利が0になる期間があるのです。

    大手消費者金融の無利息期間についてまとめてみました。

    無利息期間
    アイフル 初回契約日の翌日から
    30日間
    アコム 初回契約日の翌日から
    30日間
    プロミス 初回借入日の翌日から
    30日間
    モビット

    ※モビットは無利息期間がありません。

    モビット以外の3社は1カ月もの無利息期間を設定しているのです。無利息期間はその会社を初めて利用する人しか使えないことに注意しましょう。

    無利息期間がある消費者金融を選ぶと、よりお得にお金を借りることが出来ます

    1番審査通過率が高い会社はどこなのか

    1番審査通過率が高い会社はアコムでした。

    審査通過率は高いにこしたことはありません。審査が通りやすいということは、それだけ私たちが融資を受けられるチャンスがあるということです。

    消費者金融は審査通過率を公開している会社がいくつかあります。そこで大手消費者金融の審査通過率を表にしてみました。

    審査通過率
    アイフル 47.0%
    アコム 47.9%
    プロミス 44.0%
    モビット

    ※通過審査率は2016年7月13日現在、最新のデータを使用しています。モビットは審査通過率を公表していませんでした。

    審査通過率を公開している3社は40%を超える結果となりました。僅かな違いではありますがアコムの審査通過率が1番高く、約半数の人が審査に通っていますね。

    NKJ52_okaikeihakochiradesu_TP_V

    金利・審査通過率から選んだNo1はアコム

    審査通過率が1番高く、金利が2番目に低いアコムをNo1に選びました。

    金利と審査通過率どちらを優先させるか悩んだとき、いくら金利が低くても審査に通らなくては元も子もないと思い審査通過率No1のアコムを優先しました。

    また金利の差も0.2%と非常に微々たるものだったのも理由の1つです。

    もしも消費者金融を利用しようと思ったら、アコムを利用しましょう

  • LIG_h_satutabatekkyuu_TP_V

    消費者金融とは。銀行系カードローンと比べて何が違うの?

    人が生きていく上でお金は必要不可欠なものです。自分の収入に見合った無理のない生活を心がけていても、すぐには払えないような予想外の出費があるかもしれません。

    そんなときは金融機関からお金を借りるべきです。お金を借りられる金融機関は消費者金融と銀行系カードローンの2種類があります。

    しかし両者とも同じようなことをしているので、いざお金を借りようと思ってもどちらを利用すべきか迷ってしまうのではないでしょうか。

    今回は消費者金融と銀行系カードローンの違いについて、しっかりと説明していきたいと思います。

    bsPAK63_visamaster20140531 (1)

    消費者金融とは何なのか

    消費者金融とは個人向けの少額の融資をメインに行う貸金業者です。

    消費者金融というと、怖いお兄さんが自宅に催促に来るようなイメージを持っている人もいるかもしれません。決してそんなことはないので安心してください。

    消費者金融と銀行系カードローンとの違い

    消費者金融と銀行系カードローンの違いは大きく5つ(メリットが3つ、デメリットが2つ)あります。

    消費者金融の銀行系カードローンと比べたメリット

    まず消費者金融のメリットは3つあります。

    • 消費者金融の方が審査が早い
    • 消費者金融の方が審査が甘い
    • 消費者金融は無利息期間を設けていることが多い

    これも1つずつ確認していきましょう。

    消費者金融の方が審査が早い

    消費者金融の方が審査が早いです。消費者金融と銀行系カードローンでは、誰が審査をするのかが異なっています。

    消費者金融の審査はその消費者金融自身が行いますが、銀行系の審査は保証会社が行っているのです。

    保証会社
    アイフル アイフル
    アコム アコム
    プロミス プロミス
    モビット モビット
    三菱東京UFJ銀行カードローン アコム
    三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス
    (プロミスの会社)
    みずほ銀行カードローン オリエントコーポレーション

    消費者金融の審査の際は余計なクッションを挟む必要がないので、銀行系カードローンよりも審査が早いです。

    とにかく早くお金が必要な人は消費者金融を利用しましょう

    消費者金融の方が審査が甘い

    消費者金融は審査が甘いです。

    後ほど触れますが、消費者金融は金利が高いです。金利が高い分審査が甘くなります。

    なぜなら金利が高いという事はお金を回収できた時の利益が大きく、多少返済能力が低い高リスクの人にも融資が出来るからです。

    「自分の職業や年収に自信が無い…」という人は消費者金融の融資を申し込んでみましょう

    消費者金融は無利息期間を設けていることが多い

    大体の大手消費者金融は無利息期間が設けられているのに対し、銀行系にはそれがないことが多いです。

    無利息期間
    アイフル 初回契約日の翌日から30日間
    アコム 初回 契約日の翌日から30日間
    プロミス  初回借入日の翌日から30日間
    モビット なし
    三菱東京UFJ銀行カードローン なし
    三井住友銀行カードローン なし
    みずほ銀行カードローン なし

    大手消費者金融は4社中3社が無利息期間を設けていたのに対し、大手銀行系カードローンは無利息期間を設けていませんでした。

    確かに消費者金融は金利が高いですが、無利息期間内に返済することで金利を0に出来るのです。

    なお無利息期間は初回契約日や初回借入日などの、初回時にしか発生しないことに注意してください。

    無利息期間を活用することで、銀行系カードローンよりもお得に融資を受けることができます

    消費者金融の銀行系カードローンと比べたデメリット

    そして消費者金融のデメリットは2つあります。

    • 消費者金融の方が金利が高い
    • 消費者金融は総量規制の対象内である

    1つずつ確認していきましょう。

    消費者金融の方が金利が高い

    消費者金融の方が金利が高いです。

    2016年7月現在、金利は法律で年20%を越えてはいけないと決まっています。

    金利
    アイフル  4.5%~18.0%
    アコム  3.0%~18.0%
    プロミス  4.5%~17.8%
    モビット  3.0%~18.0%
    三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6%
    三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
    みずほ銀行カードローン 4.0%~14.0%

    このように、銀行系カードローンの金利が14.5%前後なのに対し、消費者金融の金利は18.0%前後になっています。

    消費者金融は銀行系カードローンよりも金利が高いことに注意しましょう

    消費者金融は総量規制の対象内である

    消費者金融は総量規制の対象内ですが、銀行系カードローンは総量規制の対象外となります。

    ここで総量規制とは何かを確認しておきましょう。

    総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

    引用:貸金業法について

    従う法律が違うため、総量規制の有る無しも違ってきます。

    消費者金融は貸金業法という法律に則って融資をしていますが、銀行は銀行法という法律に則って融資をしているのです。

    消費者金融でありながら総量規制の対象外になる例外もいくつか存在します。

    • おまとめローン…複数の借金を1つにまとめる
    • 配偶者貸付…配偶者との年収の合計の3 分の1までのお金を借りることが出来る

    基本的に消費者金融では年収の3分の1を超えた借入はできないことに注意しましょう。

    PASONA_27_TP_V

    自分に合った会社を選ぶことが大切

    消費者金融と銀行系カードローン、どちらがいいということはありません。

    とにかく早くお金を借りたい人、すぐに返済できる自身のある人、自分の返済能力に自信がない人は消費者金融を利用しましょう。

    長期的な返済を考えている人、返済にかかるお金をとにかく安くしたい人は銀行系カードローンがオススメです。

    また会社によって金利や無利息期間の長さが微妙に違うので、自分に合った会社を選び無理のない返済計画を立てることが重要です。

  • MAX87_uewoyubisasuha-hu20140531_TP_V

    即日融資なら消費者金融!おすすめ業者も教えます!

    どうしてもその日のうちにお金が必要になった…そんな経験は誰にでもあると思います。

    友達や親族に借りられる場合もあるかもしれませんが、今後頼れる人が周りにいないときに急な出費が必要になるかもしれません。

    そんな時に使うべきなのが消費者金融です。

    なぜ即日融資なら消費者金融なのかを一緒に確認していきましょう。

     INA99_saifuaketara1en_TP_V

    なぜ即日融資なら消費者金融なのか

    貸金業者は大きく消費者金融系と銀行系の2種類に分けられます。それぞれ違った特徴があります。

    まず消費者金融系は申し込みから融資まで時間がかかりません。融資方法によっては口座を開設する必要がありませんし、審査を消費者金融自身が行っているからです。

    一方、銀行系は申し込みから融資まで時間がかかります。その銀行の口座を開設する必要があるのに加え、審査を保証会社に依頼しているのでより多くの時間が必要になるのです。

    このように消費者金融は銀行系と比べ、スピードに重点を置いた貸金業者です。もしも即日融資が必要になった場合は消費者金融を利用しましょう。

    消費者金融で最速・最短・確実に即日融資を受ける方法

    消費者金融から融資を受けるまでには、借入を除き3つのステップを踏まなければなりません。

    1. インターネット申し込み
    2. インターネットで審査を受ける
    3. 自動契約機で契約を完了させる

    1つずつ確認していきましょう。

    1.申し込み

    まずは消費者金融に自分が借入する旨を伝えなければいけません。

    その際インターネット・電話・郵送・店頭窓口など、会社によってたくさんの申し込み方法がありますが、インターネット申し込みを選びましょう

    電話や店頭窓口は申込者が多くて混んでいた場合、担当の人が自分に回ってくるまで待つ可能性がありますが、インターネット申し込みならその心配はありません。

    • 24時間どこでも申し込みできる
    • 書類の提出もスマホで撮ってアップロードするだけ

    インターネット申し込みには他にも上記のような利点があります。

    2.審査

    申し込んだ後は審査があります。当然ながらここで審査に落ちてしまうと、その消費者金融から融資を受けることはできません。

    大手消費者金融の審査時間は最速30分となっています。あくまで最短の時間ですがこれは驚異的な早さと言えます。

    店頭や自動契約機に行って審査を受けることもできますが、わざわざ出向いて審査に落ちてしまっては元も子もありませんよね。さきほどインターネットで申し込んだことで、審査落ちの際の時間のムダも省けることになります。

    3.契約

    審査に通ったらいよいよ契約ですが、自動契約機での契約がオススメです。自動契約機は営業時間が長く土日祝日も営業しているので忙しい社会人にピッタリの契約方法と言えます

    大手消費者金融の自動契約機の営業時間を表にまとめてみました。

    自動契約機の営業時間
    アイフル 8:00~21:45
    アコム 8:00~22:00
    プロミス  9:00~22:00
    モビット 8:00~21:00

    ※自動契約機は土日祝も営業しています。

    見ての通り、かなり遅い時間まで開いていますよね。多少残業しても十分間に合うと思います。

    即日融資でオススメの業者はアコム!

    私はアコムをオススメします。

    • 消費者金融審査通過率No.1でお金を借りれる可能性が高い
    • 自動契約機が開いている時間が1番遅い
    • 最短30分審査!

    上記のようにアコムには即日でお金を借りるための特徴がそろっています。今すぐお金を借りたいなら、まずはアコムに申し込むことをおすすめします。

    web完結で即日融資も可能!ただし制限に注意!

    自動契約機の他に、web完結で即日融資を受けることも出来ます。

    これはATMを利用する方法とは異なり、自分が希望する額を口座に振り込んでもらう振込融資という方法です。お金が口座を経由するので、消費者金融だけではなく銀行も巻き込んだやり取りになります。

    このため銀行の営業時間(9:00~15:00)を考慮して、平日のある一定の時間までに手続きをしなければいけません

    以下に大手消費者金融の即日振込融資を受けるための条件時間を表にまとめてみました。

    即日振込融資を受けるための条件時間
    アイフル ~14:10
    アコム ~14:30
    プロミス ~14:00
    モビット ~14:50

    ※平日の場合に限ります。

    ※会社によって異なるのですが、銀行口座によっては上記の時間を超えても振込が可能になる場合があります。

    自動契約機の営業時間と比べて、かなり短いことがお分かり頂けたでしょうか。

    更に会社ごとに口座を指定しているので、もしも自分が指定の口座を持っていない場合はわざわざ口座をつくらなければいけません

    原則として即日振込融資を受けたいならば14:00には手続きを済ませておく、と覚えておきましょう。

    C778_konokane_TP_V

    即日融資を受ける際は素早い行動を

    いくらその日のうちにお金が必要だと思っても、条件を満たしていなければお金は借りられません。

    もしも即日融資を受ける際は素早い行動を心がけ、上記の手順で申し込みをしましょう